ホーム > ピアノ曲事典 > バルトーク > ミクロコスモス 第5巻(122~139)

バルトーク : ミクロコスモス 第5巻(122~139)

Bartok, Bela : Mikrokozmosz

作品概要

作曲年:1926年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:20分15秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (613文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。

全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための

ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は、《アンナ・マグダレーナ》や同程度のチェルニーの教則本とあわせて使うとよいとされている。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。

122.同時に奏される和音と付随される和音

123.スタッカートとレガート

124.スタッカート

125.舟遊び

126.変化する拍子

127.新しいハンガリー民謡

128.農民の踊り

129.交代する3度

130.村の冗談

131.4度

132.分散形と同時形の長2度

133.シンコペーション

134.3つの重音の練習

135.常動曲

136.全音音階

137.ユニゾン

138.バッグパイプ

139.道化師

執筆者: 和田 真由子

楽章等

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(2)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。