ガーシュウィン :3つの前奏曲

Gershwin, George:3 Preludes

作品概要

作曲年:1926年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:前奏曲
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

執筆者 : 小崎 紘一 (385文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

初めて人前でこの作品を披露したのは1926年12月4日、NY市内のホテル・ルーズベルト。当初は他にも数曲が演奏されたらしいが、出版に際して現在のような形にまとめられる。

緩―急―緩という伝統的な曲順で構成されており、その中でかなり自由度の高い演奏が展開される。現代のポピュラーミュージックでいうところのリフが効果的に用いられており、左手の同一パターンの上に乗る旋律も極めて即興的。ジャズやブルースといった音楽を傍に置いていたガーシュウィンだからというべきか、旋律を掴み取る彼の反射神経とセンスをそのまま楽譜に焼き付けたような印象が残る。各曲の枠組みもA-B-Aといった割とスタンダードなものではあるが、旋律の展開のさせ方はクラシック音楽のそれとは凡そ異なるものである。打鍵がそのままダンスのステップになるような、ある意味ジャズのアンサンブルなどよりもダンサブルに聴こえる。

執筆者: 小崎 紘一

楽章等 (3)

第1番

調:変ロ長調  作曲年:1926  総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2番

調:嬰ハ短調  総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3番

調:変ホ長調  総演奏時間:1分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (2)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。