ホーム > ピアノ曲事典 > シェーンベルク > 6つの小さなピアノ曲

シェーンベルク :6つの小さなピアノ曲 Op.19

Schönberg, Arnold:6 kleine Klavierstücke Op.19

作品概要

作曲年:1911年 
出版年:1913年 
初出版社:Universal
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:6分00秒

解説 (1)

執筆者 : 岡田 安樹浩 (714文字)

更新日:2009年9月1日
[開く]

非常に短い6つの小曲からなるOp.19は、『3つのピアノ曲』Op.11や『5つの管弦楽曲』Op.16において見出した可能性を推し進める形で、1911年に作曲された。その結果シェーンベルクは、それ自体で完結していて展開する必要のない主題によって、この6つの小曲を作曲した。

その結果、6つの小曲にはいずれの間にも関連がなく、各曲を特徴づけているのは音型とデュナーミクのみであるといっても良い。そして、一部には和声的な処理が認められるものの、長調、短調、フリギア旋法などが目まぐるしく入れ替わるために、和声的な響きはあっても調性は全く機能していない。

例えば、第1曲の冒頭のフレーズはロ長調に属すと考えられるが、和声はロ音から始まるフリギア旋法のVII度の9の和音からロ長調VI度、I度、ふたたびフリギアのII度、といった具合に進行する。こうした極度に拡大された和声的な背景によって、シェーンベルクの言う「汎調性」という表現が追及されているわけである。

また、第2曲はスタッカートの8分音によるリズム的特徴をもったテクスチュア、第3曲は対極に位置するデュナーミクによって特徴づけられているなど、それぞれの楽曲が個別の表現を追求している。

第4曲と第5曲には、かろうじてヘ音から始まり、ロ音の終止音へ向かうという共通点を見出すことができるが、前者がリズムの多様性とデュナーミクの変化によって成り立っているのに対して、後者は多声的なテクスチュアによって構成されている。そして第6曲は、極端な弱音の要求によって特徴づけられる。

この作品以降、シェーンベルクがこのような方向性で作曲を進めることはなくなり、弟子のヴェーベルンに受け継がれることとなる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽章等 (6)

Op.19-1

総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Op.19-2

総演奏時間:1分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Op.19-3

総演奏時間:1分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Op.19-4

総演奏時間:0分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Op.19-5

総演奏時間:0分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

Op.19-6

総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。