ホーム > ピアノ曲事典 > ストラヴィンスキー, イゴーリ > ピアノ・ソナタ  嬰ヘ短調

ストラヴィンスキー, イゴーリ : ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調

Stravinsky, Igor Fyodorovich : Sonata for piano fis-moll

作品概要

作曲年:1903年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:28分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (235文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

ストラヴィンスキーは2つのピアノ・ソナタを作曲している。

この《ピアノ・ソナタ 嬰へ短調》は、ストラヴィンスキーが22歳の頃(1903年~1904年)に作曲した、学生時代の秀作である。リムスキー=コルサコフから作曲の指導をうけていた時期でもあり、まだショパンやリストなどからの影響もみられる。ロシアのピアニズムの伝統にのっており、ロマン派的な作風をもっている。

一般的にストラヴィンスキーの《ピアノ・ソナタ》として知られ、演奏されるのは、1924年に作曲された第2作である。

執筆者: 和田 真由子

楽章等

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧(0)

現在楽譜は登録されておりません。