ホーム > ピアノ曲事典 > ベートーヴェン > ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲

ベートーヴェン :ディアベッリのワルツの主題による33の変奏曲 Op.120

Beethoven, Ludwig van:33 Veränderungen über einen Walzer von A.Diabelli Op.120

作品概要

作曲年:1819年 
出版年:1823年 
初出版社:Diabelli
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:58分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (391文字)

更新日:2007年2月1日
[開く]

ベートーヴェンの最後のピアノ変奏曲であり、彼のこれまでの変奏技法が駆使された集大成である。

作曲のきっかけは、1819年のディアベリからの依頼にある。それは、彼の作った主題から、当時のヴィーンの作曲家たちにひとつずつ変奏を作曲してほしいというものであった。その中にはチェルニーシューベルト、そして若きリストも含まれていた。ベートーヴェンにその誘いがかかったとき、彼はそれを拒否したにもかかわらず、結局ひとりで33もの変奏を作曲し、ディアベリの依頼を受けて作曲された寄せ集めの変奏曲よりも先に出版してしまったのである。

作品は、速度表示や拍子、調性などの変化によって、さまざまなキャラクターをもつ変奏に仕立てられている。しかし、主題の動機素材が徹底的に活用された多彩な変奏が集まっているにもかかわらず、周期的に主題を想起させやすい変奏が挿入されているために、全体の統一感を失っていない。

執筆者: 稲田 小絵子