ホーム > セヴラック > ひなたで水浴びする女たち(バニュルス=シュル=メルの思い出)

セヴラック :ひなたで水浴びする女たち(バニュルス=シュル=メルの思い出)

Séverac, Déodat de:Baigneuses au soleil (Souvenir de Banyuls-sur-Mer)

作品概要

作曲年:1908年 
出版年:1909年 
初出版社:Rouart-Lerolle
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (549文字)

更新日:2007年11月1日
[開く]

ひなたで水浴びする女たち(バニュルス=シュル=メルの思い出) / Baigneuses au soleil(Souvenir de Banyuls-sur-Mer)

1908年に作曲された。同年に《水の精と不謹慎な牧神》も作曲されている。セヴラックの曲には組曲の形式で書かれたものが多いが、これらは単独のピアノ曲として重要な作品である。水を扱っているという点において、ラヴェルの《水の戯れ(1901)》と共通する要素を見ることができる。また、モルデエントやアッポジャトゥーラを華やかに駆使しており、軽妙洒脱で優雅なその響きはラモーやクープランをも思わせる。コルトーに献呈された。コルトーはこれを「セヴラックの作品において、ピアニスティックな探求の頂点を示している」と絶賛した。

《水の精と不謹慎な牧神》は夜の魅惑的な雰囲気をもっているが、この曲には日の光のまぶしいほどの輝きがあり、水浴びを楽しむ女たちの明るい笑い声があり、また午後の気だるさがある。流れ落ちるようなグリッサンドは、はじけて泡となり、光をきらきらと反射させる。同じ音型の反復の中にも、微妙な陰影を感じて変化を楽しみたい。終結部では緩やかに曲が流れていく。調和された不協和音の響きが絶妙な揺れをつくりながら、最後は消えるように曲をとじる。

執筆者: 和田 真由子