ホーム > モーツァルト > 幻想曲(未完) ニ短調

モーツァルト :幻想曲(未完) K.397 K6.385g ニ短調

Mozart, Wolfgang Amadeus:Fantasie (unvollendet) d-moll K.397 K6.385g

作品概要

作曲年:1782年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:幻想曲
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

総説 : 長井 進之介 (859文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、3つの幻想曲(K. 396とK. 475、K. 397)を書いたが、ニ短調のK. 397(385g)は、自筆譜がなく未完ということもあり、最も謎に満ちた作品となっている。成立は1782年とされているが、詳細な時期や作曲の動機は不明である。  作曲者の死後、1804年に出版された初版譜には「導入部としての幻想曲、切り離した曲」という表記があり、第97小節、ニ長調の属七和音のフェルマータで終了している。その為、ハ短調のK. 475と同じように、ソナタやフーガなどの作品への序曲としての役割を持っていたと推測される。現在は1806年にブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版された際に加えられた10小節の補筆部を演奏して終止させるのが慣例である。この補筆部の作者は不明だが、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番のカデンツァを書いたアウグスト・エバーハルト・ミュラー(1767-1817)だとする見方が多い。  形式は、大きく分ければ序奏的な役割を果たす「アンダンテ」、「アダージョ―プレスト」、そしてクライマックスを飾る「アレグロ」の3つの部分で構成されている。アンダンテは、両手で奏でる分散和音が即興的な雰囲気を漂わせながら、何かを求める様に彷徨っていく。和声は基本的に「I-IV-V」度の単純なものから構成されているが、楽節の終わりに挿入される借用和音が、闇の中に差し込む光のような効果を発揮する。  嘆きのアリエッタの様相を見せるアダージョは、半音階と休符が効果的に使用され、徐々に焦燥感を増していく。最後にはプレストに到達し、下行音型によるカデンツァとなる。  アダージョとプレストが繰り返されると、ニ長調のアレグレット部へと移行する。オペラの大団円を思わせるこの部分はそれまでの部分と全く違う表情を見せているが、音型に注目すると、アダージョ部分の音型を発展させたと捉えることも可能であり、自由な形式でありながらも、統一性のある作品となっている。

執筆者: 長井 進之介

楽譜