ホーム > モーツァルト > 幻想曲  ハ短調

モーツァルト :幻想曲  K.475 ハ短調

Mozart, Wolfgang Amadeus:Fantasie c-moll K.475

作品概要

作曲年:1785年 
出版年:1785年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:幻想曲
総演奏時間:12分30秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (492文字)

更新日:2008年10月1日
[開く]

ピアノ・ソナタ第14番ハ短調と共に1785年に出版された。モーツァルトの自作品目録によれば、ソナタの作曲は84年10月14日、幻想曲は翌85年5月20日である。幻想曲は本来、導入曲としての用途があったため、この作品は、ソナタの出版に際して、その前奏のために作曲されたものと考えられる。これら2曲は現在でも1セットとして扱われることが多いが、モーツァルト自身が幻想曲のみを演奏することもあったことから、独立した2つの作品と考えて問題ないだろう。

献呈はテレージア・フォン・トラットナー。当時モーツァルトが借りていた家(いわゆる「フィガロ・ハウス」)の家主夫人である。彼女はまた、モーツァルトのピアノの生徒でもあった。

作品は転調を頻繁に繰り返し、幻想曲の名にふさわしく自由に展開してゆくが、テンポの変化によって5つの部分に分けられる。すなわちアダージョ、アレグロ、アンダンティーノ、ピウ・アレグロ、アダージョである。最初のアダージョはさらに、重苦しいハ短調と明るい響きのニ長調の2つに分割できる。地から這い上がるようなこの冒頭主題が最後に回帰し、ハ短調ソナタへの橋渡しとなって作品を閉じる。

執筆者: 稲田 小絵子