ホーム > ショスタコーヴィチ > ピアノ・ソナタ 第1番

ショスタコーヴィチ :ピアノ・ソナタ 第1番 Op.12

Shostakovich, Dmitry Dmitrievich:Sonata for piano No.1 Op.12

作品概要

作曲年:1926年 
出版年:1926年 
初出版社:Muzykalny sektor
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:15分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (607文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

(1926年11月、レニングラード音楽院で作曲され、同年12月にショスタコーヴィチ自身によって初演された。当時、ショスタコーヴィチは、西欧の新しい音楽に深い興味を示しており、ストラヴィンスキーやプロコフィエフ、ヒンデミット、クシェネックらから大きな影響をうけた。この作品は、ショスタコーヴィチの初期のモダニズム、ラディカルな姿勢をよく示す怪作の一つである。しかし、そのあまりに前衛的な性格のためか、後にショスタコーヴィチ自身はこの作品に対して否定的は発言をしている。初期作品にしかみられないような書法の数々は、注目に値する。演奏所要時間は、約15分。

音楽は、単一楽章からなり、主に2つの主題が自由な展開をみせる。伝統的なソナタ形式にはのっとってはいないが、レントで奏される静かな中間部があり、これに緩徐楽章的な役割が与えられている。

音楽は非旋律的、その印象は極めて抽象的である。暴力的ともいえるほど力強く、重量感あふれる音楽の中に、めまぐるしく動き回るパッセージ、密なテクスチュア、半音階的な動き、不協和音の連続、平行和音の多用、オルガン風の響き、クラスターの効果など、あらゆる書法が盛り込まれている。この作品をみても、ショスタコーヴィチの、ピアニストとしての卓越した技量がうかがえるだろう。ちなみに、この作曲の翌年、ショスタコーヴィチは、第一回ショパンコンクールにソ連代表として出場しており、名誉賞を与えられた。

執筆者: 和田 真由子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。