ホーム > バッハ > フーガ(アルビノーニの主題による) ロ短調

バッハ :フーガ(アルビノーニの主題による) BWV 951/951a ロ短調

Bach, Johann Sebastian:Fuge über Thema von Tomaso Albinoni h-moll BWV 951/951a

作品概要

作曲年:1710年 
出版年:1866年 
初出版社:Peters
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:フーガ
総演奏時間:8分10秒

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (600文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

主題はアルビノーニの『トリオ・ソナタ集』Op.1(ヴェネツィア, 1694)第8番第2楽章より借用された。3つのいわゆる「アルビノーニ・フーガ」(BWV946, 950, 951)のなかで、もっとも大規模かつ重々しいフーガ。バッハの最初期のロ短調作品でもある。バッハは後年、ミサ曲を初めとする厳粛な作品をロ短調で生み出したが、その萌芽をここに見ることができよう。

この曲には徹底的に書き直した後期稿 BWV951a が存在する。生硬な対位法や禁則進行を修正し、古いカデンツ定型や常套句は排除された。調構造を見直して新しいセクションを加え、さらに明確な再現部を設けて、初期稿の即興的な流れをシンメトリックな労作へと作り変えた。全体の雰囲気や構成に変化はないが、初期作品にしばしば見られるような古臭さや冗長さを取り除いて、充分に熟した様式に改められている。

バッハは大改造のあともライプツィヒ時代に至るまでずっと手を入れ続けたようで、細部の異なる稿がさまざまの筆写譜に残っている。また、BWV951と951aは後世の手稿資料にもしばしば対で現れ、多くの音楽家がバッハの改訂の軌跡を追う好例として研究したとみられる。同じくロ短調による初期作品《幻想曲》BWV923との取り合わせはバッハによるアイデアではないと思われるが、いくつもの資料に伝えられており、この作品が実践の中で広く受け継がれたことを物語っている。

執筆者: 朝山 奈津子
現在視聴できる動画はありません。