ホーム > バッハ > フーガ(アルビノーニの主題による) イ長調

バッハ :フーガ(アルビノーニの主題による) BWV 950 イ長調

Bach, Johann Sebastian:Fuge über Thema von Tomaso Albinoni A-Dur BWV 950

作品概要

出版年:1866年 
初出版社:Peters
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:フーガ
総演奏時間:5分30秒

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (652文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

主題の出典は、アルビノーニの『トリオ・ソナタ集』Op.1(ヴェネツィア、1694)の第3番第2楽章で、元はヴァイオリン2本と通奏低音による曲である。バッハは主題以外にもいくつかの素材を借用した。たとえば冒頭第3小節、主題に続く16分音符は、原曲では対位主題として用いられた旋律である。が、バッハはこの作品で明確な対位主題を設定していない。むしろ、つぎつぎ現れる主題をくっきりと聴かせつつ曲を劇的に進めるため、広い音域にわたる簡明なテクスチュアを選択している。お陰で、いわゆる「主題の入り」は、奏者が特別に力を込めなくとも、声部の増減や瞬間的な音域の変化によって明確になる。全体は主題の提示を中心に組み立てられ、主題素材の念入りな展開や複雑な対位法技法などは見られない。主題がトリルを伴って終止すると、続く部分は早くも次の主題を準備するために走り出すのである。

息をつかせないような奔流は、第75-79小節のストレッタでクライマックスを迎え、第85-88小節の分散和音を経てたどり着いた属和音で、緊張感を保ったまませきとめられる。休符のあとは、もはやおし留めることの叶わない勢いで鍵盤を端から端まで駆け巡り、低音のペダルポイントの上ではさらに激しさを増す。この目くるめく加速感は、ドイツの鍵盤音楽の伝統に典型の終結の手法である。ただし残念なことに、現代のピアノでこのペダルポイントと分散和音のフィギュレーションを完全に演奏することはきわめて困難で、ソステヌート・ペダルを活用するか、音域を変更する必要がある。

執筆者: 朝山 奈津子
現在視聴できる動画はありません。