ホーム > ピアノ曲事典 > 黒岩 悠

黒岩 悠 Kuroiwa, Haruka

6522

プロフィール

更新日:2000年1月1日
東京都三鷹市出身。
音楽家の一家に生まれ5歳より桐朋学園音楽教室にて吉田文子氏に師事しピアノを始める。
東京音楽大学附属高校にて弘中孝、宮崎和子の両氏に師事。在学中特待生奨学金を受ける。
その後渡欧しイタリアのイモラ国際ピアノアカデミーにて研鑽を積む。
フランコ・スカラ、故ラザール・ベルマン、ボリス・ペトルシャンスキー、レオニード・マルガリウス、セルケイ・ババヤンに師事した他、イーヴォ・ポゴレリッチ氏より教えを受ける。

大垣音楽祭室内楽演奏会に出演し最優秀新人賞を受賞。
マルサラ国際コンクール、パドヴァ国際コンクールをはじめ、優勝 入賞多数。

これまでストレーザマッジョーレ湖音楽祭、ギスランディ国際音楽祭、イモラ音楽祭、MOZART-SCHUBERT音楽祭、チヴィタ音楽祭、ミラノYAMAHA-ITALIAなどでリサイタルを行う他ルーマニア国立バカウシンフォニーオーケストラ、モルダヴィア共和国ナショナルオーケストラ、ザグレブ弦楽四重奏団、ロヴェレート室内オーケストラ、ブランデンブルグ交響楽団、ベルリンニュープロイセンフィル、セントラル愛知響他と共演。イタリア、ドイツ、イギリス、クロアチア、韓国、日本各地でリサイタル、室内楽、コンチェルトなどと演奏の形態は多岐に渡り、独紙上では ”鍵盤の王として、その必要とされる全ての物で魅了した” と高く評価される。

近年はパリのサル・コルトー、イタリアモーツァルト協会マチネー、ベルリンメンデルスゾーン協会例会、軽井沢八月祭、フォルガリア音楽祭(Anna Kravchenko監修)、チェコのThurn-Taxis音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ・オウ・ジャポンなどに出演。2012年、2016年ルガーノフェスティヴァル”マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト”に出演。
アメリカ南カロライナ州での演奏はTVでも放映され好評を博した。現在国内外で演奏を行う他、コンクールの審査員も務め後進の育成にも力を注いでいる。 ALTUSよりファーストアルバム” Inspire to/from J.S.Bach” 、セカンドアルバム”LEGACY”を発売。
<続きを表示する>

演奏音源一覧 (7)

ピティナYouTubeチャンネルの動画 (7)

バッハ : ソナタ BWV965 1.アダージョ 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 2.フーガ 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 3.アダージョ~プレスト 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 4.アルマンド 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 5.クーラント 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 6.サラバンド 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]
バッハ : ソナタ BWV965 7.ジーグ 於:三鷹芸術文化センター 風のホール [再生]