ホーム > オーリック > 小組曲

オーリック :小組曲

Auric, Georges:Petite Suite

作品概要

作曲年:1927年 
出版年:1928年 
初出版社:Heugel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (2)

総説 : 平野 貴俊 (352文字)

更新日:2015年4月27日
[開く]

1927年の春から秋にかけて作曲され、1928年3月5日、パリのサル・プレイエルで作曲家自身によって初演された。古い時代の舞踏による組曲という点で、8年後に書かれたプーランクのピアノ曲《フランス組曲》と共通する(《フランス組曲》はもともと劇《マルゴ》の第2部のための音楽であったが、その第1部を作曲したのはオーリックである)。初演を聴いた批評家のアンドレ・シェフネルは、本作品はボロディンのピアノ曲《小組曲》のフランス版ともいうべき作品であると述べている。またオーリックによれば、第2曲と第3曲は16世紀のポーランドのリュートの小品にもとづいて作曲されたという。前奏曲は舞台の幕開けを思わせる穏やかな音楽。いずれも素朴な和声とリズムを特徴とする2曲目以降の各曲は、それぞれの舞踏の性格を忠実に捉えている。

執筆者: 平野 貴俊

成立背景 : 平野 貴俊 (273文字)

更新日:2015年4月27日
[開く]

楽章等 (5)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。