シューベルト : 楽興の時

Schubert, Franz : Moments musicaux D 780

作品概要

作曲年:1823年 
出版年:1828年 
初出版社:Leidesdorf
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:26分30秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (362文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

“楽興の時”というのは、19世紀に主としてピアノ曲のジャンルで広まったキャラクター・ピース(性格小品)の一種で、これらの初期のものということができる。シューベルトはこのタイトルの小品を1823年頃に6曲書いており、作品94として1828年の春に出版された。

1.ハ長調 / C dur

2.変イ長調 / As dur

3.へ短調 / f moll

第3曲はこの曲集で最も有名な曲。この曲は1823年に出版された他の作品集に「ロシア風エール」というタイトルで既に収録されていた。繰返しを除くとわずか54小節という小さな曲で、終始一貫して単純な伴奏に乗って旋律が流れる何の変哲もないように見える曲だが、愛らしく親しみやすい魅力に満ちた曲である。

4.嬰ハ短調 / cis moll

5.ヘ短調 / f moll

6.変イ長調 / As dur

楽章等

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧(48)