ホーム > リスト > 「ノルマ」の回想(ベッリーニ)

リスト :「ノルマ」の回想(ベッリーニ) S.394 R.133

Liszt, Franz:Réminiscences de "Norma" (d'après Bellini) S.394 R.133

作品概要

作曲年:1841年 
出版年:1844年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント
総演奏時間:18分00秒

解説 (1)

執筆者 : 三浦 実 (374文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

リスト は、同時代のヴァイオリニスト、パガニーニと並び、19世紀最大のヴィルトゥオーソ(名人芸的演奏家)だった。したがって、彼の作品の中には自らの、ずばぬけた演奏技巧を披露するために書かれた曲も数多く残されている。

また、リストの創作活動の中で他の作曲家一線を画すものとして、オペラのパラフレーズ、という分野があげられる。当時流行していたオペラの主題を用いた華々しいショー的要素の強いもので、こうした作品は19世紀の聴衆の熱狂的な人気を得ていた。この「ノルマの回想」は、そうした彼のオペラ・パラフレーズの頂点をなすもので、演奏技巧の上でも、リストの数ある難曲の中でも特に困難を極める作品として知られている。

往年のイタリアの大ピアニスト、F. ブゾーニは、この曲を評して、「これを聴いて感動しないようでは、まだリストを極めたとは言えない」と語っている。

執筆者: 三浦 実

楽譜 (0件)