ラフマニノフ :ピアノ協奏曲 第2番 第3楽章 Op.18 ハ長調

Rakhmaninov, Sergei Vasil'evich:Concerto for piano and orchestra No.2 Mov.3 Allegro scherzando C-Dur

作品概要

楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:11分00秒

解説 (1)

解説 : 和田 真由子 (208文字)

更新日:2019年1月9日
[開く]

第3楽章:アレグロ・スケルツォアンド ハ長調 2分の2拍子

管弦楽の序奏に続き、ピアノが中心となる主題を奏する。スタッカートで奏され、非常におどけた雰囲気が印象的である。オーボエとヴィオラによって奏される第二主題は、第一主題とは対照的に、ラフマニノフらしい叙情的な美しさにあふれている。展開部では、第一主題の変形、第二主題の要素の再現がみられる。勢いをもってコーダにむかい、最後は圧倒的な全合奏により堂々と曲を閉じる。

執筆者: 和田 真由子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。