ホーム > ピアノ曲事典 > モーツァルト > ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調

モーツァルト :ピアノ・ソナタ 第1番 K.279 K6.189d ハ長調

Mozart, Wolfgang Amadeus:Sonate für Klavier Nr.1 C-Dur K.279 K6.189d

作品概要

作曲年:1775年 
出版年:1799年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:17分30秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (348文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

最初期の散逸した作品を除けば、これがモーツァルトのピアノ・ソナタ第一作。1775年初頭、ミュンヘンにおいて、第一番から第六番までが連作された。この6曲はデュルニッツ男爵の注文によって作られた。

調性はハ長調。なお、6つのソナタのうち第四番までは、それぞれ前曲の5度下の調性(下属調)が採用される。すなわち、第二番はヘ長調、第三番は変ロ長調、第四番は変ホ長調。いっぽう、第五番は第一番ハ長調の5度上の調(属調)で、第六番は更にその5度上のニ長調である。

3楽章すべてがソナタ形式。アルペジオや16分音符の装飾的なパッセージ、あるいは装飾音が、バロック期のチェンバロ音楽を想起させる一方、強弱の交代やスタッカートとレガートの対比が見られる。これらの特徴から、ピアノでの演奏を想定していたことがうかがえる。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:7分00秒 

解説(0)

第2楽章

総演奏時間:7分30秒 

解説(0)

第3楽章

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)