ホーム > ペヤチェヴィチ > 無言歌 ハ長調

ペヤチェヴィチ :無言歌 Op.5 ハ長調

Pejačević, Dora:Chanson sans paroles C-Dur Op.5

作品概要

作曲年:1898年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:無言歌(ロマンス)
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 西井 葉子 (326文字)

更新日:2020年10月1日
[開く]

1898年、13歳頃の作品。《舟歌》Op. 4、《蝶々》Op. 6、《メヌエット》Op. 7、

《即興曲》Op. 9(a)、《無言歌》 Op. 10とともに、《6つのピアノ小品集(Sechs Klavierstücke)》として、1902年ブダペストの出版社ハルモニア(Harmonia)から出版された。これら初期の作品には、メンデルスゾーンの無言歌集や、グリーグの叙情小曲集、チャイコフスキーシューマンの小品などのロマン派の作曲家達の影響が顕著に感じられる。いずれの作品も、とてもシンプルでナイーブな作風の中に、ドラの透き通るような若く瑞々しい感性が光っている。

この《無言歌 Op. 5》も、朝の光が部屋の中に射し込むような、明るく穏やかな曲である。

執筆者: 西井 葉子

楽譜 (0件)