ドビュッシー:映像 第2集

作品概要

作曲年:1907年 
出版年:1908年 
初出版社:Durand
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:14分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (708文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

独自の作曲語法を広げていったドビュッシーは、1905年に交響的素描「海」を書き上げ、彼の一つの完成に到達した。その後映像第1集を書き、自らこの曲を、シューマンの左、ショパンの右に位置する作品と評し、自信の程をうかがわせている。

その2年後の1907年に同じく3曲からなる第2集を作曲し、一層表現の幅を広げている。これが端的に現れているのが、3段譜の採用で、右手用、左手用に分けられた従来のピアノの記譜法には収まりきれないドビュッシー独自の表現の大きさが、3段譜を使わせる結果となったのだろう。彼の3段譜の記譜法はリストが部分的に用いたのとは、目的が全く異なっている。また、この3段譜の記譜法は後にプレリュード第2集でも採用されている。

1.葉ずえを渡る鐘の音 / "Cloches a travers les feuilles"

第2集の第1曲。ドビュッシーの視覚的な感性が特に際立った傑作で、静寂の中に響く遠くの鐘の音がしみ込んでゆく様子を描いている。全音音階も用い、独特の雰囲気を醸し出している味わいある小品。

2.そして月は廃寺に落ちる / "Et la lune descend sur le temple qui fut"

月が沈むなどという音のない“静寂“という世界を見事に描き出した一曲。高音の繊細な和音、低音の深い響きが解け合い、巧みな音の配置でドビュッシー独自の境地が聞こえてくる。

3.金色の魚 / "Poissons d'or"

第2集の第3曲。2尾の金色の鯉が描かれた日本の漆絵からインスピレーションを得て作曲されたと言われている。金魚の細やかな素早い動きを、緻密なパッセージで非常に技巧的に書かれている。

楽章等

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

金色の魚 金色の魚

総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(11)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。