ホーム > ピアノ曲事典 > ピクシス

ピクシス 1788-1874 Pixis, Johann Peter

254
  • 解説:齊藤 紀子 (335文字)

  • 更新日:2008年10月1日
  • ドイツの作曲家。作曲家でオルガン奏者の父親から音楽の手ほどきを受けた。次男のピクシスは、兄もまた作曲家となった。兄はヴァイオリンを弾き、ピクシスはピアノを弾いた。兄と演奏旅行をしてピアニストとして有名になったが、ピクシス自身もヴァイオリンやチェロを弾くことができた。

    19世紀に入ると一家でウィーンに移る。そして、ピクシスはベートーヴェンやマイアベーア、シューベルトと出会った。後にパリに移り、そこではハイネやケルビーニ、モシェレス、リスト、ベルリオーズ、ロッシーニと出会っている。パリではヴィルトゥオーソとしてその名を馳せ、ピアノ教育者としても活動した。晩年はバーデン・バーデンで過ごした。

    作品の大部分がピアノ曲となっており、コンサート・ピースとサロン向きの小品がある。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(88)

    ピアノ独奏曲 (11)

    ロンド (18)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    変奏曲 (13)

    マズルカ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ギャロップ (1)

    カプリス (8)

    行進曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (15)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

      Op.132   変ホ長調

    調:変ホ長調 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)