ホーム > ピアノ曲事典 > ケルビーニ

ケルビーニ 1760-1842 Cherubini, Maria Luigi

90

解説:齊藤 紀子 (397文字)

更新日:2008年8月1日

チェンバロ奏者であった父親の10番目の子どもとして生まれ、6歳から父親の手ほどきを受けた。9歳の時にバルトロメオとアレッサンドロのフェリーチ父子に師事するようになり、作曲を始めた。フェリーチ父子の死後は、ビッザリやカストルッチに師事している。初期の作品は、パレストリーナ様式によっていたが、後にヴェネツィアでサルティに対位法を学び、イタリア古様式の対位法による作品へと変化した。

20歳の時からオペラ作品も手がけ、ロンドンで上演した際にはイギリス皇太子の目にとまって1年間の王室作曲家を務めた。その後はパリに移り、1795年に創設されたパリ音楽院の監督に就任した。

ウィーン宮廷歌劇場やナポレオンからも創作の依頼を受けたものの、ナポレオンと折り合いがうまく行かず、後年は創作の中心を再び教会音楽へ移した。

1948年には、ロンドンにウィレム・メンゲルベルフを会長とするケルビーニ協会が設立されている。

執筆者: 齊藤 紀子
<続きを表示する>

作品 (2)

ピアノ独奏曲 (2)

ソナタ (1)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

フーガ (1)

解説(0)

楽譜(0)