ホーム > 信時 潔

信時 潔 1887-1965 Nobutoki, Kioyoshi

title
  • 解説:須藤 英子 (382文字)

  • 更新日:2006年7月1日
  • 大阪生まれ。牧師の息子であったことから、幼い頃より讃美歌に親しむ。東京音楽学校(現東京芸大)および研究科にて、チェロと作曲をヴェルクマイスターに師事。1920年、チェロと作曲研究のため文部省派遣生としてドイツに留学し、ベルリンでゲォルク・シューマンに学ぶ。帰国後23年より9年間、東京音楽学校にて作曲を教授。主に歌曲や合唱曲の分野で活躍し、42年には日本芸術院会員に推挙される。戦時中は、人気軍歌《海行かば》や戦争協力機関委嘱のカンタータ《海道東征》などを作曲。戦後は軍国主義に巻き込まれた責任感から、作曲の筆をほとんど執ることなく78歳で他界した。作風は、ドイツ古典派の伝統を踏まえた簡素で重厚なもの。当時の現代音楽(シェーンベルクの12音技法など)を熱心に学びつつも、それらとは一線を画し、自らの感性に忠実な作曲を続けた。門下生には橋本國彦高田三郎らがいる。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    About composer : 仲辻 真帆 (5844文字)

    更新日:2018年4月18日
    [開く]

    作品(8)

    ピアノ独奏曲 (3)

    曲集・小品集 (4)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    6つの舞踊曲 6つの舞踊曲

    作曲年:1931  総演奏時間:13分50秒 

    楽譜(0)

    木の葉集 木の葉集

    作曲年:1934 

    動画(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    楽譜(0)

    変奏曲 (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    楽譜(0)

    その他 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)