ホーム > ピアノ曲事典 > 信時 潔 > 東北民謡集

信時 潔 :東北民謡集

Nobutoki, Kioyoshi:TOUHOKU MINYOUSHU

作品概要

作曲年:1941年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集

解説 (2)

成立背景 : 仲辻 真帆 (924文字)

更新日:2014年6月30日
[開く]

昭和16(1941)年、信時潔は「東北民謡試聴団」の一員として東北各地を訪れている。この「試聴団」には、団長であった柳田國男の他に、折口信夫、田辺尚雄、土岐善麿、中山晋平、藤井清水、町田嘉章など約20名の団員が加わった。NHK『日本民謡大観』制作スタッフ編『NHK民謡調査の記録1939‐1994』(日本放送協会放送事業データ情報部、1995年)によると、この民謡調査・採譜の試みは、日本放送協会仙台中央放送局が企画したもので、民謡研究で著名な武田忠一郎も放送局を代表して随行している。「東北民謡試聴団」団員であった柳田や折口が民間伝承などに関する研究を学問として展開させ、藤井や中山が自らの作曲・編曲に民謡を多く取り入れたのは、いずれも大正から昭和初期頃のことであった。

信時潔は、昭和16年にピアノ曲《東北民謡集》(全20曲)を、同21年に合唱曲《東北民謡集》(全33曲)を編んでいる。それらの自筆譜には随所に「武田忠一郎採譜」の記載が見受けられる。「東北民謡試聴団」が採譜した民謡は、ラジオでの放送や『日本民謡大観 東北篇』の出版(日本放送出版会、1952年)という形で世に出されていった。「東北民謡試聴団」の調査旅行、およびその際に聴取された民謡については、田辺尚雄の著書『続田辺尚雄自叙伝(大正•昭和篇)』(吉川英史編、邦楽社、1982年)にも記載がある。

なお、信時による《東北民謡集》のピアノ楽譜は出版されていない。東北民謡に関しては、『信時潔合唱曲集』(春秋社、1950年)に9曲、『信時潔合唱曲集』(音楽之友社、1951年)に29曲がそれぞれ収録されている。自筆譜においても、東北民謡に関連する断片は多く散見され、声楽用の楽譜は確認できるものの、ピアノ用の楽譜は見当たらない。ただし「ピヤノ小曲 東北民謡集」と記された、作曲者の妻・ミイによる浄書譜が残されており、そこには信時潔自身が記入したとみられる訂正が多数ある。浄書譜は、東京藝術大学附属図書館に所蔵されている。

【主要参考資料】

・『SP音源復刻盤 信時潔作品集成』CDおよび解説書(東京:日本伝統文化振興財団、ビクター、2008年)。

・信時潔自筆譜(東京藝術大学附属図書館所蔵)

執筆者: 仲辻 真帆

総説 : 仲辻 真帆 (992文字)

更新日:2015年1月20日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。