ホーム > 伊福部 昭

伊福部 昭 1914-2006 Ifukube, Akira

  • 解説:須藤 英子 (953文字)

  • 更新日:2018年4月20日
  • 1914年、北海道釧路に生まれる。アイヌ民族の伝統芸能や、開拓者達が歌う各地の民謡に触れながら育つ。またギターやヴァイオリンを嗜み、13歳頃から作曲を独学で学んだ。

    その後、 北海道大学にて林学を専攻する傍ら、 音楽活動を展開。1933年には唯一のピアノ独奏曲《ピアノ組曲》を作曲、また1934年には早坂文雄、三浦敦史らと札幌で「新音楽連盟」 を結成し、ドイツ音楽一辺倒であった楽壇に、 新しい風を巻き起こしていった。

    1935年に大学を卒業後、林務官として北海道の林業に従事しながら、作曲を行う。同年、初のオーケストラ作品《日本狂詩曲》がチェレプニン賞第1位入賞。また1938年には、在学中に書いた《ピアノ組曲》がヴェネチア国際現代音楽祭入選し、一躍、世界的注目を浴びた。 その作風は民族主義的色合いの濃いもので、伝統的な日本音楽に根ざした旋律と、力強いオスティナート(一定の音型を繰り返す手法 )を特徴とする。

    太平洋戦争中の1941年に発表された《ピアノと管弦楽のための協奏風交響曲》は、科学文明を象徴する現代的作曲手法が加えられ、異例の前衛的な響きを得た。1943年に作曲された《交響譚詩》では、伊福部ならではの北アジア・ ユーラシア的ノスタルジーが歌い上げられ、その後の彼の創作の指標となった。この作品は、 ビクター管弦楽コンテストで第1位入選、収録 レコードに文部大臣賞が授与された。

    戦後1946年、伊福部は上京し、東京にて音楽を専業とする。東京音楽学校(現東京藝大)や 東京音楽大学にて教鞭をとり、芥川也寸志、黛敏郎、矢代秋雄、三木稔、石井真木、松村禎三など多くの作曲家を育てた。また映画やバレエ音楽も積極的に手がけ、特に映画音楽の分野では、 『ゴジラ』のテーマをはじめとして『座頭市』 『ビルマの竪琴』など300本以上の映画音楽を残した。

    他の作品に《ヴァイオリンと管弦楽のための狂詩曲》(1951)、《タプカーラ交響曲(シンフォ ニア・タプカーラ)》(1954)、《ピアノと管弦楽のためのリトミカ・オスティナータ》 (1961)など、 著作に『音楽入門』、『管絃楽法』などがある。 紫綬褒章、勲三等瑞宝章、日本文化デザイン 大賞、文化功労者顕彰など受賞多数。2006年、 91歳で死去。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    About composer : 須藤 英子 (2667文字)

    更新日:2018年4月20日
    [開く]

    作品(2)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    曲集・小品集 (1)

    ピアノ組曲 ピアノ組曲

    作曲年:1933  総演奏時間:17分40秒 

    楽譜(0)