ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 半音階的大ギャロップ

リスト :半音階的大ギャロップ S.219 R.41

Liszt, Franz:Grand galop chromatique S.219 R.41

作品概要

作曲年:1838年 
出版年:1883年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ギャロップ
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (314文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

1838年作曲された。変ホ長調でかかれた快活な小品であり、数あるギャロップの中で、最も完成度が高いものの一つ。文字通り、半音階の上行旋律で構成され、執拗な増三和音が特徴的である。ピアニシモからフォルテティシモまでの音量域で、かつ発想記号の表記が目まぐるしい。中間部では、右手の高速な跳躍が求められる。

演奏史においては、ジョルジュ・シフラの影響力が非常に強く、ヴィルトゥオーゾピースとして広く知られている。フランツ・リスト自身もアンコールピースとして愛奏していた。

ホ長調の簡易版が存在し、トリオの部分では《舞踏会のギャロップ S220》が組み込まれている。ここでは、主題の重音が取り除かれており、効果的に演奏難度が下げられている。

執筆者: 和田 真由子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。