ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 悲しみのゴンドラ 第1稿 変イ長調

リスト:悲しみのゴンドラ 第1稿 S.200/1 R.81 変イ長調

Liszt, Franz:La lugubre gondola As-Dur S.200/1 R.81

作品概要

作曲年:1882年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:5分00秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (587文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

1883年2月、リストの友人であり、好敵手でもあるワーグナーは、70歳にしてこの世を去った。当時71歳であったリストは、ワーグナーの死の3カ月前、《悲しみのゴンドラ 第1稿》と《悲しみのゴンドラ 第2稿》を作曲した。この曲について、リストは、ワーグナーの死を予感しながら作曲した、と後に述べている。同じタイトルをもっているが、これらは大きく異なった作品であり、それぞれ第1番、第2番と呼ばれることもある。

悲しみのゴンドラ 第1稿 / La lugubre gondola S.200/1

8分の6拍子 アンダンテ 変イ長調 バルカローレ(舟歌)のリズムをもつ 1916年に出版された。

ワーグナーの作品によくみられるような半音階的な旋律が用いられている。

突然あらわれる不協和音も印象的

悲しみのゴンドラ 第2稿 / La lugubre gondola S.200/2

4分の4拍子 アンダンテ・ノン・トロッポ・レント

原曲は、ヴァイオリンまたはチェロとピアノのための二重奏曲としてかかれたもので、それをピアノ版に編曲したもの。調がはっきりせず、それによって神秘的な雰囲気をつくりだしている。《調のないパガテル》や《灰色の雲》と並び、現代音楽の先駆けとして、後の作曲家に大きな影響を与えることになった作品の一つである。

早くから知られていた。両手のユニゾンではじまる。演奏時間は約8分。

執筆者: 和田 真由子

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。