シューマン, クララ :音楽の夜会 Op.6

Schumann, Clara:Soirees musicales Op.6

作品概要

作曲年:1835年 
出版年:1836年 
初出版社:Hofmeister
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:22分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (664文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

「新ロマン主義」の伝統に基づく性格的小品。作品5とは異なり、それぞれのタイトルは個性的なものではなく、伝統的なジャンル名に倣っている。この作品6について、ローベルトは1837年9月12日の「新音楽時報」において、「色鮮やかな花びらを輝かしく展開する前の、魅力的で観照にうれしいつぼみ、それ自身の中に未来を包含したものすべてのようだ。」と詩的に表現した。

第1曲はイ短調のトッカティーナ。プレストで快活に進む。中間部は、同主調のイ長調で情熱的に歌い上げる。続くヘ長調の優しさにあふれるノクターンは、ショパンやジョン・フィールドの影響が見られる。この曲は、ローベルトの《ノヴェレッテ》第8曲<遠くからの声>へインスピレーションを与えたようだ。第3曲は、ト短調のポロネーズ。ポーランド的であるが、それはショパンによって様式化されたポーランド的要素に刺激を受けたものだろう。第4曲は、非常に表情豊なニ短調のバラード。この文学のジャンルである「バラード」を器楽曲へ初めて援用したのは、ショパン-この作品と同年1836年に出版された《バラード》第1番ト短調作品23-だと言われている。やはりここにも、ショパンの影響があるように思えてならない。生き生きとしたリズムが特徴的なト長調のマズルカ。この冒頭は、とても直接的な形でローベルトに引用されている。それは《ダヴィット同盟》の第1曲。左手による「クララ・ヴィークのモットー」で幕が開き、このモットーを変形させつつ曲が展開される。そして、この曲集はリズミックはイ短調のポロネーズで締めくくられる。

楽章等 (6)

トッカティーナ Op.6-1

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ノットゥルノ Op.6-2

総演奏時間:4分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

マズルカ Op.6-3

調:ト短調  総演奏時間:3分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

バラード Op.6-4

総演奏時間:6分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

マズルカ Op.6-5

調:ト長調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

ポロネーズ Op.6-6

総演奏時間:3分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)