スクリャービン(スクリアビン) :アルバムの綴り Op.58

Scriabin, Alexander:Feuille d'album Op.58

作品概要

作曲年:1910年 
出版年:1911年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:1分00秒

解説 (1)

総説 : 山本 明尚 (356文字)

更新日:2015年4月16日
[開く]

この小曲は、自筆譜に書かれた日付から判断すると、1909年の7月に作曲された(「ブリュッセルの思い出」、という但し書きが付されている)。しかしながら、この楽曲は作曲後しばしスクリャービンの手元に留め置かれ、1911年になってようやく、スクリャービンの後期作品を出版していた指揮者クーセヴィツキーに手渡され、同年に出版された。

自筆譜にして1ページ強、演奏時間にして1分ほどにしか過ぎないこの楽曲には、「繊細

さをもって」という指示がなされている。その指示を象徴するかのように、冒頭のpp

をはじめ、ほとんど全体を通して弱奏されるよう強弱指示がなされている。形式は、やや変形された三部形式だと考えられ、上声部の前打音が特徴的な部分に、poco cresc.が付され、ゼクエンツをもち、幾分高揚感のある部分が挟まれている。

執筆者: 山本 明尚