ホーム > ハイドン > ソナタ 第61番 ニ長調

ハイドン :ソナタ 第61番 Hob.XVI:51 op.93 ニ長調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.61 D-Dur Hob.XVI:51 op.93

作品概要

作曲年:1794年 
出版年:1805年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:5分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (379文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

1794-1795年のイギリスを訪れた際の作曲であることから「イギリス・ソナタ」と呼ばれるHob. 50-52の3曲のソナタの第2曲目。全2楽章から成る。

第1楽章のニ長調はアンダンテの2分の2拍子(但し、4分の4拍子による版もある)。冒頭の主題は、主音から第3音へと上行する簡素な音形に基づいている。このソナタ楽章は、提示部を反復しない。そして、展開部(第44小節~)へと切れ目なく続く。また、再現部(第80小節)では、第1主題から手を加えられている。

第2楽章のフィナーレはプレストの4分の3拍子で、第1楽章と同じニ長調による。ロンド形式で書かれており、そのロンド主題は左右のユニゾンで開始する。アウフタクトにより、この楽章全体に前進する力が醸し出されている。また、副次的主題は、左右の並進行や反進行による多声的な手法で扱われ、ロンド主題と対照を成している。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (2)

第1楽章

総演奏時間:4分00秒 

動画(0)

解説(0)

第2楽章

総演奏時間:1分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜 (8件以上)全件みる

その他特記事項
第61番は「ウィーン原典版」の番号