ホーム > ハイドン > ソナタ 第41番 イ長調

ハイドン :ソナタ 第41番 Hob.XVI:26 op.13-6 イ長調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.41 A-Dur Hob.XVI:26 op.13-6

作品概要

作曲年:1773年 
出版年:1774年 
初出版社:Kurzböck
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (434文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

1773年に作曲され、エステルハージ侯ニコラウスに献呈された6曲から成る作品13のピアノ・ソナタ(Hob. XVI/21-26)の6曲目で、全3楽章から成る。

第1楽章のイ長調はアレグロ・モデラートの4分の4拍子。左手で開始し、冒頭のメロディーは左手が主導する。展開部(第30小節~)は冒頭の主題の後半で開始する。また、再現部(第59小節後半~)が提示部とは異なる拍で開始することが興味深い。また、楽章全体を通して、分散オクターヴや分散和音による伴奏形が特徴的である。

第2楽章は自筆譜には含まれておらず、メヌエット・アル・ロヴェショで第1楽章と同じイ長調で書かれている。全44小節の非常に簡潔な楽章で、音価は主として、4分音符と付点2分音符が用いられているのみである。

第3楽章のフィナーレはプレストの4分の2拍子で、イ長調による。前の楽章に引き続き、全26小節の非常に簡潔な楽章となっている。3部形式で書かれており、中間部(第9小節~)では属調にあたるホ長調に転調する。

執筆者: 齊藤 紀子

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

第2楽章

総演奏時間:2分00秒 

解説(0)

第3楽章

総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

その他特記事項
第41番は「ウィーン原典版」の番号 参考情報:前山仁美「ハイドンの世界」