ホーム > ピアノ曲事典 > ハイドン > ソナタ 第12番 イ長調

ハイドン :ソナタ 第12番 Hob.XVI:12 イ長調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.12 A-Dur Hob.XVI:12

作品概要

作曲年:1767年 
出版年:1790年 
初出版社:Cooper
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:9分00秒

解説 (1)

執筆者 : 岡田 安樹浩 (641文字)

更新日:2009年4月1日
[開く]

真正性が疑問視されている作品だが、1803年にハイドン自身が自作と認めている。初版はヴァイオリンとのデュエットで出版された。

(第1楽章)イ長調 4分の2拍子 ソナタ形式

アンダンテ楽章ではあるが、古典的なソナタ形式で作曲されている。

全体を16分3連音符による音形が支配しており、前半部分は複数主題の対照性ではなく、主調から属調へという転調プロセスによって成り立っている。

後半部分(第21小節-)では属調から主調へという転調プロセスによって構成され、第38小節から前半部分が主調にて再現する。

(第2楽章)イ長調 4分の3拍子 メヌエット

8分3連音符によって特徴づけられた主題によるメヌエット主部は、「主調→属調:属調→主調」という調性構造。

これに対し、同主短調のイ短調ではじまるトリオ部分は、シンコペーションによって特徴づけられた主題によっており、「主調→平行調:平行調→主調」という調性関係によって成り立っている。

(第3楽章)イ長調 8分の3拍子 (ソナタ形式)

主調→属調、属調→主調という調構造による2部形式という点ではソナタ形式と呼びうるだろう。ただし、後半部分(第29小節-)における主調回復プロセスは、わずかに7小節である。

非常に簡潔な構成であり、わずか69小節(反復するので実質138小節だが)である。しかし、主題が奇数小節(4+3の7小節)で構成されていることや、その他諸楽想は偶数小節数+奇数小節数という不規則な楽節構造をもっており、ハイドン特有の音楽構造が見て取れる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽章等 (3)

第1楽章

総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (3)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  
その他特記事項
第12番は「ウィーン原典版」の番号 参考情報:前山仁美「ハイドンの世界」