ホーム > ピアノ曲事典 > ハイドン > ソナタ 第33番(ウィーン原典版番号) ハ短調

ハイドン:ソナタ 第33番(ウィーン原典版番号)ハ短調

Haydn, Franz Joseph:Sonate für Klavier Nr.33 c-moll Hob.XVI:20

作品概要

作曲年:1771年 
出版年:1780年 
初出版社:Artaria
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:16分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (985文字)

更新日:2009年5月1日
[開く]

1771年に作曲され、1780年にHob. XVI: 35-39と共に作品30として、ヴィーンのアルタリア社から出版された。

この作曲から遡ること5年前、ハイドンはエステルハージ侯爵家の楽長へと昇進した。それは、あらゆる音楽活動の総責任を負うと同時に、侯爵を除く誰にも気兼ねなく作曲できることを意味する。したがってハイドンは多岐にわたるジャンルでこれまで以上に意欲的な取り組みを始めたのである。ここから1770年代初めにかけてさまざまな質の高い作品が生み出された。興奮・情熱といった感情の表出的な作品、特に短調交響曲が印象的な創作期である(しばしば「疾風怒濤Sturm und Drang」期と称される)。

そしてこのソナタもまた、ハ短調という調性で強い表現力をもつ作品である。それに一役買っているのは、シンコペーションのリズムや、特に第1楽章にみられるフォルテおよびピアノの指示であろう。このソナタは、鍵盤楽器の主流がチェンバロからフォルテピアノへと移行しつつも共存していた当時、ハイドンがフォルテピアノを想定して書いたであろう最初期の作品なのである。ときにスフォルツァートの効果すらみせる強弱は、作品をより表情豊かに膨らませる。

第1楽章:(アレグロ・)モデラート、ハ短調、4/4拍子。ソナタ形式。

不安気な響きの第1主題が4+4という標準的な小節数であるのに対し、第2主題は3小節単位の楽節構造(間に1小節の推移的小節を挟むこともある)で自由な動きをとる。展開部では、提示部コーダの素材である嵐のような三連符が中心に用いられ、緊迫感を煽る。

第2楽章:アンダンテ・コン・モート、変イ長調、3/4拍子。ソナタ形式。

最初の1音からゆっくりと幅を広げる穏やかな第1主題で始まる。その展開的形態の第2主題では、前打音やシンコペーションによってリズムに動きが出るが、順次進行を中心とした旋律線の連続的なシンコペーションは、どこまでも続くかのような息の長いフレーズを要求する。

第3楽章:アレグロ、ハ短調、3/4拍子。ソナタ形式。

交響的な広がりをもつ第1楽章に対して、この終楽章はピアニスティックな要素が顕著である。忍び足のような冒頭主題の不気味さや、十六分音符のパッセージの焦燥感が印象的。だが一方で、第2主題のカンタービレな楽想が緊張を緩め、協和した3度の響きが楽章全体を支えている。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)