チャイコフスキー :18の小品 Op.72

Tchaikovsky, Pytr Il'ich:18 Morceaux Op.72

作品概要

作曲年:1893年 
出版年:1893年 
初出版社:Jurgenson
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:1時間08分00秒

解説 (1)

総説 : 舘 亜里沙 (832文字)

更新日:2014年10月16日
[開く]

チャイコフスキー(1840‐93)が最晩年の1893年に遺したピアノ作品であり、彼の有名な交響曲第6番《悲愴》の創作期間中に書かれました。完成後、作品は出版商であり友人でもあったP. ユルゲンソン(1836-1903)のもとに持ち込まれています。「小品」という名のもと、ほとんどの楽曲が小規模な音楽作品によく用いられるA-B-A´の三部形式で書かれていますが、長さは5分前後とある程度のボリュームがあり、中には演奏者にかなりの技術を求めるものもあります。

三部形式のAとBの部分は楽譜上でも明確に分けられており、聴き手の耳にもはっきり感じられるため、それぞれの楽曲におけるコントラストが聴きどころです。また、A´部分がA部分とどのように変わっているのかも興味深い点で、例えば第17番<遠い昔>では、A´部分がA部分の美しい変奏となります。終曲の第18番<トレパークへの誘い>のみ三部形式をとらず、冒頭のモティーフが次々と華やかさを増してゆきます。

楽曲のタイトルは、いわゆる器楽曲のジャンル名を指すもの(第1番<即興曲>など)と、パロディー的なもの(第9番<少しシューマン風に>など)と、舞曲の名前がつけられたもの(第7番<演奏会用ポロネーズ>など)と、その他の具体的なテーマを持ったもの(第8番<対話>など)の4パターンに分けることが出来ます。こうしたタイトルの付け方は、シューマンの組曲《謝肉祭》を彷彿とさせますが、《謝肉祭》のように作品全体を統一する構成要素があるわけではなく、むしろ18の独立した世界観を持つピアノ曲が集まっています。

チャイコフスキーはこの後に完成する交響曲第6番《悲愴》では、「人生」や「死」といった非常に切迫したテーマに挑んでいた一方で、その直前の時期にはバレエ《くるみ割り人形》やオペラ《イオランタ》といった、ロマンティックなおとぎ話のための作品を書いていました。この《18の小品》には、そうした彼の創作の両極が巧みに入り混じっています。

執筆者: 舘 亜里沙

楽章等 (18)

即興曲 Op.72-1

調:ヘ短調  総演奏時間:3分40秒 

解説(0)

楽譜(0)

子守歌 Op.72-2

調:変イ長調  総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

穏やかなおしかり Op.72-3

調:嬰ハ短調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

性格的舞曲 Op.72-4

調:ニ長調  総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

瞑想曲 Op.72-5

調:ニ長調  総演奏時間:4分20秒 

解説(0)

踊りのためのマズルカ  Op.72-6

調:変ロ長調  総演奏時間:3分10秒 

解説(0)

楽譜(0)

演奏会用ポロネーズ Op.72-7

調:変ホ長調  総演奏時間:5分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

対話 Op.72-8

調:ロ長調  総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

少しシューマン風に Op.72-9

調:変ニ長調  総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

幻想的スケルツォ Op.72-10

調:変ホ短調  総演奏時間:6分40秒 

解説(0)

楽譜(0)

ヴァルス・ブルエッテ Op.72-11

調:変ホ長調  総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

いたずら女の子 Op.72-12

調:ホ長調  総演奏時間:1分50秒 

解説(0)

楽譜(0)

村のこだま Op.72-13

調:変ホ長調  総演奏時間:2分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

哀歌 Op.72-14

調:変ニ長調  総演奏時間:6分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

少しショパン風に Op.72-15

調:嬰ハ短調  総演奏時間:2分50秒 

解説(0)

楽譜(0)

5拍子のワルツ Op.72-16

調:ニ長調  総演奏時間:1分50秒 

解説(0)

楽譜(0)

遠い昔 Op.72-17

調:変ホ長調  総演奏時間:4分40秒 

解説(0)

楽譜(0)

踊りの情景(トレパークへの誘い) Op.72-18

調:ハ長調  総演奏時間:3分50秒 

解説(0)

楽譜(0)