ホーム > シューベルト > 白鳥の歌

シューベルト :白鳥の歌 D 957

Schubert, Franz:Schwanengesang D 957

作品概要

作曲年:1828年 
出版年:1829年 
楽器編成:歌とピアノ 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:46分00秒

解説 (1)

解説 : 髙松 佑介 (877文字)

更新日:2019年4月4日
[開く]

 本歌曲集は、シューベルト自身が出版に関わっていないという点で、他の連作歌曲集《美しき水車小屋の娘》や《冬の旅》と性格を異にする。作曲者は本歌曲集の手稿譜を遺して夭逝してしまい、その死後に出版商トビアス・ハスリンガーが、ルートヴィヒ・レルシュタープ(1799~1860)とハインリヒ・ハイネ(1797~1856)の詩による歌曲群(1828年8月成立)に、ヨハン・ガブリエル・ザイドルの詩による《鳩の使い》(1828年10月成立)を付け足し、「白鳥の歌」という表題を与えて1829年4月に出版した。なお表題は、白鳥が死ぬ間際に最も美しく歌うという神話に基づく。

 シューベルトの作品目録を作成したO. E. ドイチュは、ハイネ歌曲6曲が自筆譜においてレルシュタープ歌曲7曲の後に一続きで書かれている上、ハイネ歌曲群に作曲日が記されていないことから、これら13曲が一連の歌曲集として構想された可能性を指摘して一つの作品目録番号を付した(D 957)。これに対し、初版の第14曲《鳩の使い》は、出版社により付け加えられたとして別の番号が与えられている(D 965A)。

 レルシュタープの原詩は、元々ベートーヴェンのもとへ送られたものである。レルシュタープは、ベートーヴェンが死ぬ間際に直接シューベルトに手渡したと後に回想しているが、ベートーヴェンの秘書シントラーは、シューベルトがベートーヴェンの遺品から得たと伝えており、詳細は明らかでない。また、シューベルトはもう一つのレルシュタープ歌曲《生きる勇気》D 937を未完のまま遺しているため、同一詩人による歌曲集をまとめる予定だったとも想定できる。

 ハイネに関しても、一つの歌曲集を編む計画があった可能性が指摘されている。原詩は全て1827年に出版された『歌の本』の「帰郷」から取られ、シューベルトが1828年10月、ライプツィヒの出版商にハイネ歌曲群を売り込んでいるためである。

 ザイドルの詩による《鳩の使い》は、現存するシューベルト歌曲の中で最後に作曲されたものであり、この意味で本当の「白鳥の歌」であった。

執筆者: 髙松 佑介

楽章等 (14)

愛の使い

総演奏時間:2分40秒 

解説(0)

楽譜(0)

兵士の予感

総演奏時間:4分40秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

春の憧れ

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

セレナーデ

総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

住処

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

遠国にて

総演奏時間:5分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

別れ

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

アトラス

総演奏時間:2分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

君の肖像

総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

漁師の娘

総演奏時間:2分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

総演奏時間:2分50秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

海辺にて

総演奏時間:4分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

影法師

総演奏時間:4分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

鳩の便り

総演奏時間:3分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)