ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調

ショパン : アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ変ホ長調

Chopin, Frederic : Grande polonaise brillante précédée d'un andante spianato Es-Dur Op.22

作品概要

作曲年:1830年 
出版年:1836年 
初出版社:Leipzig, Paris and London
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:ポロネーズ
総演奏時間:14分26秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (207文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

初期の傑作として名高い〈華麗なる大ポロネーズ〉は、もとはピアノとオーケストラのための作品である。ピアノパートが絢爛たる技巧に満ちた華やかなものであるのに対し、オーケストラパートはつなぎの伴奏部分の音響を増幅する程度のものであるためか、現在ではピアノ独奏版がはるかに一般的となっている。

序奏となる〈アンダンテ・スピアナート(落ち着いたアンダンテで)〉は、1834年に書き加えられた。滑らかで甘美な旋律が魅力的である。