ホーム > ピアノ曲事典 > シューベルト > 幻想曲 ヘ短調

シューベルト :幻想曲 D 940 Op.103 ヘ短調

Schubert, Franz:Fantasie f-moll D 940 Op.103

作品概要

作曲年:1828年 
出版年:1829年 
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:幻想曲
総演奏時間:17分00秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (226文字)

更新日:2008年6月1日
[開く]

シューベルト最期の年、1828年のピアノ連弾作品。彼の数多い連弾曲の中でも、高い音楽的内容をもつ傑作と称される。献呈は、出版社によって、シューベルトが2度のジェリズ赴任でピアノを教えたエステルハージ伯爵家の下の娘カロリーネになされた。

作品は、切れ目なく続く3つの楽章から成るが、実質的には4部分構成といえよう。暗く陰鬱であるが魅力的な第1楽章冒頭の主題が、第3楽章の後半に回帰し、やがてフーガを展開して作品を閉じるといった、構成的にも整った作品である。

執筆者: 稲田 小絵子

ピティナのYoutubeチャンネル (3)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。