ホーム > シューベルト > ソナタ「大二重奏曲」 ハ長調

シューベルト :ソナタ「大二重奏曲」 D 812 Op.140 ハ長調

Schubert, Franz:Sonate 'Grand Duo' C-Dur D 812 Op.140

作品概要

作曲年:1824年 
出版年:1837年 
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:36分30秒

解説 (1)

執筆者 : 稲田 小絵子 (371文字)

更新日:2008年6月1日
[開く]

シューベルトはエステルハージ伯爵家の2人の娘にピアノを教えるため、1818年と24年の2回、ハンガリーのジェリズに赴いた。その際、教育かつ娯楽のために多く作曲されたのが、ピアノ連弾曲である。

1824年7月に作曲されたこの《大二重奏曲(グラン・デュオ)》と呼ばれる4手ピアノ・ソナタもそのひとつであるが、気楽な連弾曲というよりむしろ、交響的な構成をもつ4楽章制の大作品である。当時は連弾曲も公開演奏会で取り上げられる機会が増えていたため、そうした場での演奏も視野に入れていたかもしれない。

いずれにせよ、この作品の規模の大きさと雄大さのために、R・シューマン(1810-56)は交響的な作品であると評価し、実際、シューベルト作品に親しんでいたヴァイオリニストのJ・ヨアヒム(1831-1907)は、1855年にこの作品をオーケストラ編曲している。

執筆者: 稲田 小絵子

楽章等 (4)

第1楽章

総演奏時間:11分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第2楽章

総演奏時間:9分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3楽章

総演奏時間:5分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第4楽章

総演奏時間:10分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。