ホーム > ピアノ曲事典 > プーランク > 協奏曲(2台のピアノと管弦楽のための) ニ短調

プーランク :協奏曲(2台のピアノと管弦楽のための) ニ短調

Poulenc, Francis:Concerto pour 2 pianos et orchestre d-moll

作品概要

作曲年:1932年 
楽器編成:ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) 
ジャンル:協奏曲
総演奏時間:19分00秒

解説 (1)

執筆者 : 永井 玉藻 (451文字)

更新日:2015年4月27日
[開く]

1932年に、同年のヴェネツィア音楽祭のために書かれた作品。プーランクのパトロンの一人だったエドモン・ド・ポリニャック公夫人Princesse de Polignac (1865-1943)が、ピアニストのジャック・フェヴリエJacque Février(1900-1970)と作曲家をヴェネツィアで演奏させるために、2台ピアノの協奏曲というアイデアを思いつき、プーランクに依頼して出来た作品である。作曲家自身もこの提案を喜んで受け入れ、作品は2ヶ月半で完成した。作曲中、プーランクは自身のピアノの上に、モーツァルト、リスト、ラヴェルのピアノ協奏曲と、イゴール・マルケヴィッチ(当時は作曲家として活動していた)の作品《パルティータ》を、常に置いていたという。ガムラン音楽の特徴的な音階を取り入れ、旋律線のいたるところに散りばめたアレグロ・マ・ノン・トロッポの第1楽章、モーツァルトのピアノ協奏曲を強く意識したラルゲットの第2楽章、技巧的で華やかなフィナーレ(アレグロ・モルト)の3楽章で構成されている。

執筆者: 永井 玉藻

楽章等 (3)

アレグロ マ ノン トロッポ

総演奏時間:8分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

ラルグレッと

総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

アレグロ モルト

総演奏時間:5分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。