ホーム > ピアノ曲事典 > ラヴェル > マ・メール・ロワ(連弾)

ラヴェル :マ・メール・ロワ(連弾)

Ravel, Maurice:Ma mère l'oye (pour piano à 4 mains)

作品概要

作曲年:1908年 
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:15分00秒
ピティナ・ステップレベル:展開1、展開2、展開3

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (751文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

おとぎ話に基づく5つの小品を集めたもので、ラヴェルが親しくしていたゴドフスキ夫妻の2人の子供のために書かれたピアノ連弾曲。

この組曲を書くにあたってラヴェルはシャルル・ペロー(1628-1703)、ドーニア伯爵夫人マリー・カトリーヌ(1650-1705)、マリー・ルプランス・ド・ボーモン(1711-1780)ら三人の作家の子供向けの物語を参照した。タイトルは、ペローの作品『マ・メール・ロワ(フランス語で、「マザーグース」の意味)のお話(1697)』から採られたものである。

子供向けに作曲されたため、技巧的にも親しみやすいものになっているが、ラヴェルならではの語法や個性が、洗練された形で生きている。

この曲は、ラヴェルによって管弦楽用に編曲され、さらに、「紡ぎ車の踊り」と「間奏曲」の二曲を加えてバレエ音楽にも改作された。

1.眠りの森の美女のパヴァーヌ / "Pavane de la belle au bois dormant"

イ短調、遅く。

2.親指小僧 / "Petit Poucet"

ハ短調、極めて中庸に。

森で道しるべに散らしたパン屑が、帰りには鳥に食べられていたため、おやゆびトムはびっくり。

3.女王の陶器人形レドロネット / "Laideronnette, impératrice des pagodes"

嬰へ長調、行進曲の速さで。

彼女が衣服をぬいで、お風呂に入ると、人形達が、くるみやアマンドでつくった楽器をひいて歌い始める。

4.美女と野獣の対話 / "Les entretiens de la belle et la bete"

ヘ長調、極めて中庸なワルツの早さで

容姿は醜いが心は美しい野獣と美女の恋の物語。

5.妖精の園 / "La jardin féerique"

ハ長調、遅くそして厳かに

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (5)

眠りの森の美女のパヴァーヌ

調:イ短調  総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

親指小僧

調:ハ短調  総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

女王の陶器人形レドロネット

調:嬰ヘ長調  総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

美女と野獣の対話

調:ヘ長調  総演奏時間:4分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

妖精の園

調:ハ長調  総演奏時間:3分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (11)

その他の音源・動画 (1)

楽譜

楽譜一覧 (19)