ホーム > ドビュッシー > 夢(夢想)

ドビュッシー :夢(夢想)

Debussy, Claude Achille:Rêverie

作品概要

作曲年:1890年 
出版年:1891年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:5分00秒

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (291文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

絵画における印象派の作品と同様に、ドビュッシーの作品の多く は、音によって「光と影」や「色彩」を表現しようとしています。彼は、17世紀後半からロマン派にかけて発展した機能和声、調性の枠を超えた自由なハーモニーや旋法を用いることによって独自の表現に成功しました。 この「夢」は、1890年に作曲された、ドビュッシーのピアノ曲としては比較的初期のものですが、タイトル通りファンタジックなハーモニーにつつまれた美しいメロディーと、フェードアウトするような終わり方がとても印象的な小品です。またこの作品は、その美しさからこれまでにジャズやムード音楽にも編曲され、様々な形で親しまれています。

楽譜

楽譜一覧 (40)