ホーム > ピアノ曲事典 > 柴田 南雄

柴田 南雄 1916-1996 Shibata, Minao

Dummy

解説:須藤 英子 ( 366文字 )

更新日:2007年4月1日

東京生まれ。東京帝国大学理学部植物学科卒業後、同文学部美術史学科に入学。その間作曲を諸井三郎に師事する。卒業後1946年に、入野義朗らと「新声会」を結成。48年からは、井口基成らと「子供のための音楽教室」(桐朋学園大学の前身)を始め、教鞭をとる。一方で、《音楽芸術》誌にて、「バルトーク論」を初めとする現代音楽論を連載。53年からは入野義郎と12音技法の研究を始め、57年には「20世紀音楽研究所」を創設。ヨーロッパ前衛音楽の紹介に努める。59年から10年間、東京芸術大学楽理科で教鞭をとった後、69年以降、自ら日本民謡の採集を開始。作風も、それまでの「西洋音楽演習」的なものから、日本の民俗芸能を含む「多様式」的なものへと変化する。代表作には《追分節考》(73)他、一連のシアター・ピース(合唱劇)がある。96年永眠。文化功労者。

執筆者: 須藤 英子
<続きを表示する / 閉じる>