ドヴォルザーク(ドボルザーク) :スラヴ舞曲集 第1集 Op.46

Dvořák, Antonin:Slavonic dances Op.46

作品概要

作曲年:1878年 
出版年:1878年 
初出版社:ベルリン
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:35分30秒

解説 (1)

執筆者 : 岡田 安樹浩 (1304文字)

更新日:2009年7月1日
[開く]

ベルリンの出版社ジムロックは、大ヒットしたブラームスの「ハンガリー舞曲集」に続くものとして、ドヴォルザークにボヘミアの民謡をもとにした連弾曲集の作曲を依頼した。ドヴォルザークはすぐにこの依頼にこたえ、1878年3月18日から5月7日の約2ヶ月の間に8曲を作曲し、同年8月には管弦楽曲化を完成している。

いずれの楽曲もボヘミアの舞曲様式に基づいている。

第1曲 ハ長調 フリアント

「フリアント」はボヘミアの民俗舞曲で、四分の二拍子と四分の三拍子が交互に入れ替わる熱狂的な舞曲。楽譜上は一貫して四分の三拍子で書かれているが、強いアクセントによってヘミオラとして二拍子が強調される。楽曲は3部分からなり、中間部はイ長調(平行短調の同主長調)へ転調する。

第2曲 ホ短調 ドゥムカ

「ドゥムカ」はウクライナの民俗音楽で、19世紀に哀悼歌としてスラヴ諸国に広まり、特にボヘミアで親しみをもって用いられていた。ホ短調の哀愁を帯びた旋律は毎回変奏され、それぞれの間にはト長調、ハ長調の楽想が登場し、楽曲構成はA-B-A'-C-A'-B'-Aのアーチ型になっている。

第3曲 変イ長調 ポルカ

「ポルカ」もボヘミア起源の舞曲で、四分の二拍子の生き生きとした舞踏である。レガートの4度順次下降の音型とシンコペーション・リズムの動機によるゆるやかな楽想による部分(Poco Allegro)と、最強奏のアクセントによって下降音型が強調される爽快な楽想に転じる部分(Piu mosso)が少しずつ変形されて交互にあらわれる。途中、両楽想はホ長調(同主短調のVI度調の異名同音調)に転じ、再び変イ長調へ回帰する。

第4曲 ヘ長調 ソウセツカー

「ソウセツカー」は三拍子のゆるやかな舞曲。メヌエットのテンポでTempo di Menuettoとあるが、旋律・リズム構造は第2拍目を強調している。3部分形式で、中間部は下属調の変ロ長調へ転じる。

第5曲 イ長調 スコチナー

「スコチナー」もボヘミア起源の民族舞踊であるが、ソウセツカーとは対照的に二拍子の躍動感あふれる舞踏である。スタッカートと拍頭にアクセントを添えるスラーの組み合わせによる軽快な主題と、順次進行を基本としたレガートによる主題とが交互にあらわれロンド形式風の構成をとっている。

第6曲 ニ長調 ソウセツカー

第1・3拍目を強調したスケルツォ風の旋律によるソウセツカー。3部分形式で、中間部は下属調のト長調へ転じる。冒頭主題の回帰は毎度工夫が凝らされているのは、この曲集全体にわたって言えることがだが、高音のオクターヴ・トレモロ音型をともなって回帰する部分はとりわけ美しい。

第7曲 ハ短調 スコチナー

速い2拍子の単純で明快な主題は、カノン風に追いかけることでその印象をさらに強める。この主題は、中間楽想を挟んで幾度もあらわれ、ロンド形式風の構成をなす。

第8曲 ト短調 フリアント

第1集をしめくくる楽曲は、熱狂的な性格を有する「フリアント」。短調と長調が頻繁に入れ替わる主題は、機能和声の中にあって民族的な雰囲気を醸し出している。全体は3部分形式によっており、中間部では同主調長のト長調へ転じる。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽章等 (8)

第1番 Op.46-1

調:ハ長調  総演奏時間:4分00秒  Toka ステップレベル:展開1,展開2,展開3

解説(0)

第2番 Op.46-2

調:ホ短調  総演奏時間:5分00秒  Toka ステップレベル:展開1,展開2,展開3

動画(0)

解説(0)

第3番 Op.46-3

調:変イ長調  総演奏時間:4分30秒 

動画(0)

解説(0)

第4番 Op.46-4

調:ヘ長調  総演奏時間:6分30秒 

動画(0)

解説(0)

第5番 Op.46-5

調:イ長調  総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

第6番 Op.46-6

調:ニ長調  総演奏時間:5分00秒 

動画(0)

解説(0)

第7番 Op.46-7

調:ハ短調  総演奏時間:3分00秒 

動画(0)

解説(0)

第8番 Op.46-8

調:ト短調  総演奏時間:4分30秒 

動画(0)

解説(0)