ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > ロンド ハ長調

ショパン :ロンド Op.73 ハ長調

Chopin, Frederic:Rondo C-Dur Op.73

作品概要

作曲年:1828年 
出版年:1865年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ロンド
総演奏時間:9分00秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (355文字)

更新日:2007年9月1日
[開く]

アレグロ・マエストーソのハ長調で書かれているこの作品は、左右の手によるユニゾンとコラール風のパッセージが交互に奏される24小節の序奏の後、溌剌としたロンド主題が奏される。序奏が4分の4拍子であるのに対し、このロンド主題は、4分の2拍子で書かれており、全部で3回奏される。そして、左右の手の双方が多声的に書かれている。また、このロンド主部においても、時折、序奏におけるように、左右の手によるユニゾンやホモ・テクスチュアの部分が見られる。このロンド主部に挿入される副次的な主題は、8分音符のみで印象深いメロディーを創り出しており、この音形が多様に装飾される。そして、3連音符が特徴的で、左右の手のユニゾンによるコーダを奏して曲を閉じる。この作品は、同年、ショパン自身により、2台ピアノのための作品に編曲されている。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。  
その他特記事項
ピアノ2台4手稿についてはこちらを参照のこと。