ホーム > ピアノ曲事典 > バルトーク > ミクロコスモス 第3巻(67~96)

バルトーク : ミクロコスモス 第3巻(67~96)

Bartok, Bela : Mikrokozmosz

作品概要

作曲年:1926年 

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:27分36秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (680文字)

更新日:2007年8月1日
[開く]

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。

全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための

ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は、《アンナ・マグダレーナ》や同程度のチェルニーの教則本とあわせて使うとよいとされている。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。

67.単声対3度

68.ハンガリー舞曲

69.和音の練習

70.旋律対重音

71.3度

72.龍の踊り

73.6度と三和音

74.ハンガリーの歌

75.3連音符

76.3声で

77.小練習曲

78.5音音階

79.J.S.バッハにささぐ

80 .R.シューマンにささぐ

81.放浪

82.スケルツォ

83.途切れがちの旋律

84.お祭り騒ぎ

85.分散和音

86.2つの長音階的ペンタコルド

87.変奏曲

88.笛のための二重奏

89 .4声で

90 .ロシア風に

91~92.2つの半音階的インベンション

93. 4声で

94.お話

95.きつねの歌

96.つまずき

執筆者: 和田 真由子

楽章等

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル(28)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。