オーリック :ソナチネ

Auric, Georges:Sonatine

作品概要

作曲年:1922年 
出版年:1923年 
初出版社:Rouart-Lerolle
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナチネ

解説 (1)

総説 : 平野 貴俊 (382文字)

更新日:2015年4月27日
[開く]

オーリックのキャリアの初期、すなわち彼が「六人組」のひとりとして活躍し始めたころに作曲された。初演は1923年1月29日、ピアニストであり作曲家のジャン・ヴィエネールがシャンゼリゼ劇場で主催した演奏会「コンセール・ジャン・ヴィエネール」で、ヴィエネールによって行われた。オーリックの親友のひとり、プーランクに献呈されている。簡素なテクスチュアによる明朗な音楽で、コクトーらが活躍した1920年代パリの賑やかな空気をよく伝えている。古典的な楽章構成が踏襲され、全体の演奏時間は6分30秒に満たない。批評家のボリス・ド・シュレゼールは、第1楽章と第2楽章の対比に着目し、第1楽章がストラヴィンスキーを想起させるのに対し、第2楽章の特徴は簡素な旋律の動きにあると指摘している。第3楽章は旋回するような十六分音符の音型で始まり、駆け抜けるような勢いを保ったまま幕を閉じる。

執筆者: 平野 貴俊

楽章等 (3)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。