ホーム > グリーグ > 抒情小品集 第2集

グリーグ :抒情小品集 第2集 Op.38

Grieg, Edvard Hagerup:Lyriske stykker No.2 Op.38

作品概要

作曲年:1883年 
出版年:1883年 
初出版社:Peters
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:20分30秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (1230文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

1867年、《ピアノ協奏曲イ短調 作品16》で一躍有名になったグリーグは、この年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、グリーグの作品の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度のかるめの小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。いずれの曲も、標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。

グリーグ : 抒情小品集 第2集 / Lyriske stykker No.2 op.38

大成功をおさめた第1集の出版から16年がたち、芸術家としての成熟がみられる時期に書かれた作品である。

1.子守歌 / op.38-1 "Vuggevise"

左手のゆりかごのようなリズムにのせて、右手で優しい旋律が愛情深く歌われる。中間部では曲想が変わり、ノルウェーの舞曲風の部分がみられる。

2.民謡 / op.38-2 "Folkevise":ノルウェー舞曲の、はずむようなリズムが終始貫かれている。左手は一拍目に、右手は二拍目に強拍があり、演奏には注意が必要。

3.メロディー / op.38-3 "Melodie":断片的であり、シューマン風。穏やかで、優しい雰囲気が非常に魅力的である。掛留があるところでは、緊張感をもって、全体的にハーモニーを意識して奏する。

4.ハリング / op.38-4 "Halling":

歯切れがよく、敏捷な動きをもって奏される。アクセントとテヌートを効果的に。

5.スプリング・ダンス / op.38-5 "Springdans":舞曲のリズムにのせて、おどけたようなリズムをもった旋律が歌われる。ポリリズムでかかれており、また強調がおかれている部分が不規則であるので、それを適確に演奏するのは易しくない。

6.エレジー / op.38-6 "Elegie":タイトルどおり、悲しみが表現されている。長く伸ばされる緊張感のあるE音が印象的に響く。

7.ワルツ / op.38-7 "Vals":ワルツのリズムにのって、悲しげのある旋律が、時々おどけたようなリズムを加えながらで歌われていく。途中で登場するプレストの箇所は、技巧的で激しく、曲の緊張感を一気に高めて効果をあげている。

8.カノン / op.38-8 "Kanon":2つの声部が対話的におかれ、それに伴奏がそえられながら、アジタートへ向かって曲がすすむ。中間部ではピウ・モッソ・トランクイロになり、広大な響きをつくりあげていく。この曲においてもシューマンの影響がみられる。

執筆者: 和田 真由子

楽章等 (8)

子守歌 Op.38-1

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

民謡 Op.38-2

総演奏時間:2分00秒 

解説(0)

メロディー Op.38-3

総演奏時間:2分30秒 

解説(0)

ハリング Op.38-4

総演奏時間:1分00秒 

解説(0)

スプリング・ダンス Op.38-5

総演奏時間:1分30秒 

解説(0)

エレジー Op.38-6

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

ワルツ Op.38-7

総演奏時間:1分30秒  Toka ステップレベル:応用6

解説(0)

カノン Op.38-8

総演奏時間:6分00秒 

解説(0)