ホーム > グーセンス > スエズ以東~ピアノのための組曲

グーセンス :スエズ以東~ピアノのための組曲

Goossens, Eugene:East of Suez - Suite for piano

作品概要

作曲年:1922年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:25分50秒
著作権:保護期間中

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (177文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

原曲は、1922年、サマセット・モームの劇『スエズ以東』の付随音楽用に、演出家バジル・ディーンからの委嘱を受けて作曲。この劇はロンドンのハイマーケット劇場で209回上演され、グーセンスは初演日に指揮した。原曲は小編成のオーケストラとハープ、ピアノ、打楽器という編成。同年、ピアノ用に最初の5楽章を編曲して出版。5音音階からなる旋律を多用した華やかな作品。

楽章等 (6)

序曲

総演奏時間:5分10秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第一場の付随曲

総演奏時間:1分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

北京のある通り

総演奏時間:6分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第3場の前奏曲(仏教の寺院)

総演奏時間:3分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

第5場の前奏曲(寺院の中庭)

総演奏時間:5分00秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)