パルムグレン :ピアノソナタ 第2楽章 Op.11

Palmgren, Selim:Sonate osa 2. Un poco modedrato

作品概要

作曲年:1901年 
出版年:1927年 
初出版社:Augener Ltd.
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分10秒

解説 (1)

解説 : 小川 至 (283文字)

更新日:2018年7月24日
[開く]

ヘ長調 ウン・ポコ・モデラート

概してロンド形式の形を取っているが、それぞれのセクションの扱いには若干の自由さが許されている。殊に増三和音の響きが顕著であり、これによりヘ長調という主調の性質を曖昧なものにさせている。繰り返される主部は、回を重ねるごとに分散和音の音数が増やされ、次第にピアニスティックなものとなってゆく。細かな転調を繰り返しながら中間部では嬰ト短調に安定し、主部のモティーフを用いた伴奏を伴いながら、合唱を模したような息の長い旋律が現れる。終結部では音楽はイ長調に至り、下降する左手を伴いながら徐々にテンポを緩め、安堵感に浸されるように音楽を閉じる。

 

執筆者: 小川 至
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。