ホーム > ピアノ曲事典 > リスト > 巡礼の年 第2年への追加「ヴェネツィアとナポリ」

リスト:巡礼の年 第2年への追加「ヴェネツィアとナポリ」 S.162/R.10 A197

Liszt, Franz:Années de pèlerinage "Venezia e Napoli" S.162/R.10 A197

作品概要

作曲年:1859年 
出版年:1861年 
初出版社:マインツ
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:16分30秒

解説 (1)

執筆者 : 伊藤 萌子 (812文字)

更新日:2009年9月1日
[開く]

《巡礼の年 第2年への追加ヴェネツィアとナポリ》は、先の《巡礼の年 第2年イタリア》と同時期の1837年から39年に作曲が開始されたとされる。リストがヴェネツィアとナポリで耳にしたと思われる旋律からインスピレーションを受けていると考えられている。1840年の段階では4曲の構成であった(なお、この初稿の第1曲目には、交響詩《タッソ》と同じ主題が使われていた。初稿の1曲目、2曲目は使われず、3曲目と4曲目が現在の「ゴンドラを漕ぐ女」と「タランテッラ」に改作されている)。

その後、1859年に改訂され、1861年にショット社から出版、現在の形になった(その際、リストは全3曲を続けて演奏するようにと指示している)。

第1番「ゴンドラを漕ぐ女」 Gondoliera" はジョヴァンニ・ヴァッティスタ・ペルチーニ作曲のカンツォネッタ《小さなゴンドラ上のブロンド娘》から主題が採られている。波や光が様々に表情を変えていくように軽やかで明るい曲である。なお、この第1曲と第2曲の終わりは複縦線で区切られている。

第2番「カンツォーネ」 "Canzone" はイタリアの作曲家ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1868)のナポリ時代の代表作であるオペラ《オテロ》に出てくる主題より。不穏さの漂う曲調で、伴奏のトレモロがそれを強調している。終結部は完全終止しておらず、第3番へと続く形となっている。

第3番「タランテッラ」 "Tarantella"は、ジェローム・ルイス・コットラウ(1797-1847)の主題より採られており、単独で演奏されることも多い作品。先の二曲に比べ、演奏時間は若干長く、技巧的なパッセージも目立つ。タランテッラとは南イタリアの民族舞踊のこと。毒蜘蛛のタランチュラにかまれた時、この舞踊を踊ると治るという伝説でも有名。八分の六拍子の躍動的な舞曲で、19世紀以降、本作品や、ショパンなどの作曲家のピアノ曲に用いられた。

執筆者: 伊藤 萌子

楽章等 (3)

「ゴンドラを漕ぐ女」 S.162/R.10

総演奏時間:4分30秒 

解説(0)

楽譜(0)

「カンツォーネ」 S.162/R.10

総演奏時間:3分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

「タランテッラ」 S.162/R.10

総演奏時間:9分00秒 

解説(0)

楽譜(0)

ピティナのYoutubeチャンネル (4)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。