ホーム > ショパン > ポロネーズ集 > 第15番「別れ」 変ロ短調

ショパン :ポロネーズ集 第15番「別れ」 KK.IVa/5 CT164 変ロ短調

Chopin, Frederic:Polonaises Polonaise no.15 "Adieu" b-moll KK.IVa/5 CT164

作品概要

作曲年:1826年 
出版年:1879年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
献呈先:Guillaume Kolberg
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ポロネーズ
総演奏時間:6分00秒

解説 (1)

執筆者 : 塚田 花恵 (448文字)

更新日:2010年4月1日
[開く]

【作曲】1826年

【出版】1826年リトグラフ刷で出版。1879年にライプツィヒ(Breitkopf & Hartel)で出版

ショパンは、1826年の夏休みを鉱泉保養地バート・ライネルツで過ごしている。妹エミリアの健康状態が悪化したため、湯治旅行に行ったのである。この曲は、旅立つ前の日に、友人のヴィルヘルム・コルベルクに捧げられたものである。

ショパンとコルベルクは学校の試験が終わった6月に、ワルシャワ国立劇場にロッシーニの《どろぼうかささぎ》を観に行った。このポロネーズではアリアの旋律が用いられており、一緒にオペラを観に行ったことを思い出させる趣向になっている。

構成はA(1-32小節)-B(33-60小節)-A(1-32小節)の複合三部形式で、各部分がさらに三部に分けられる。全体的にメランコリックで、感傷的な雰囲気が漂う。中間部は、《どろぼうかささぎ》のアリアの旋律を借りて作られており、その冒頭には「またね! Au revoir !」と記されている。(*小節数はエキエル版に基づく。)

執筆者: 塚田 花恵
その他特記事項
ポロネーズ番号はパデレフスキ版による。